HOME > How

大滝温泉は、大同年間(1100年前)の八幡平焼山の噴火によって湧出したものといわれています。
傷ついた鶴が湯元に溶していたという伝説もあり、また旧藩時代には秋田藩主「佐竹族」の湯治場として利用した由緒ある温泉です。米代川の河畔にあり、大館の奥座敷とも呼ばれています。

硫酸塩・塩化物質・無色透明で肌にやさしいお湯です。64.6℃

神経痛、リウマチ、慢性婦人病、慢性皮膚炎、腰痛、筋肉痛、慢性消化器病、痔、冷え症など